紅豆杉とは?

紅豆杉とは?

大自然の生命力を秘めた貴重な千寿「紅豆杉」

標高4000mにそびえ立つ樹高20mの巨木「紅豆杉」

標高4000mにそびえ立つ樹高20mの巨木、雲南紅豆杉は、新生代第4紀氷河期から厳しい大自然の風雪に耐え今日まで生き抜き、現在残存している56種の植物の中でも、地球最古の最も貴重な仙樹です。
雲南紅豆杉は、世界で最も磁場の良い所として有名な秘境、中国南方の雲南省など限られた地域の、植物生息限界海抜をはるかに超えた、海抜3300m~4100mm付近に原生林のまま群生しています。
世界中の樹木の中で、最も海抜が高い所に生息しており高山植物としては異例の、平均樹高21m、平均幹周5.6m、平均樹齢は3000年(中国科学院調査)と、極めて生命力の強い樹木です。
最古の雲南紅豆杉は、樹齢1万年を超えるものもあろうと推測されます。 聖徳太子が笏(シャク)に使ったといわれる樹木も紅豆杉です。

紀元前から宮廷で重用されてきた紅豆杉

門外不出とされた仙樹中国では、2200年以上前の秦の始皇帝の時代より、紅豆杉は歴代の王朝において大変貴重な王室専用の仙樹として大切にされ、重用されてきました。この貴重な仙樹である雲南紅豆杉を保護する目的で、中国政府は法律で国家一級保護植物に指定し、伐採禁止、売買禁止としています。

紅豆杉は歴代の王朝において大変貴重な王室専用の仙樹でした。

中国で紅豆杉は国家一級保護植物に指定されています。

雲南省の高山地域に住む少数山岳民族である磨些族(納西族の元祖)

近年、中国政府は雲南省の高山地域に住む少数山岳民族である磨些族(納西族の元祖)と協力して、毎年植林事業を行ってきました。その結果、ようやく紅豆杉が絶滅の危機を脱したとの判断から、中国政府は、さらなる植林事業と研究推進の予算獲得政策により、米国と日本に限り、例外的に限定輸出することとなりました。

当社は、日本唯一の独占輸入製造元である(株)紅豆杉と提携しています。

当社は、日本唯一の独占輸入製造元である(株)紅豆杉と提携し、当社オリジナルブランド商品である「紅豆杉150g」をはじめ、限定販売商品の「紅豆杉エキス粒」や「紅豆杉茶」など、紅豆杉関連の商品ラインアップをご用意しています。
商品一覧はこちらから

●紅豆杉に関する詳しい情報はこちらのページをご覧ください。
(株式会社紅豆杉のページが表示します。)

当社オリジナルブランド商品である「紅豆杉150g」

飲み方

紅豆杉茶の煎じ方

紅豆杉茶の煎じ方

●水約1!(1000cc)を火にかけ、沸騰した時点で茶袋を入れ、火を弱めて約5分煮出します。

火を止めて(揮発性成分が含まれている為)、茶袋をすべて取り出す(成分が茶袋に戻る為)。

紅豆杉の安全性

(財)日本食品分析センターにおいて、全製品の「残留農薬」や「微生物」検査などをおこなった結果、下記の通り安全である事が確認されました。
とくに残留農薬検査は、有機塩素系の農薬以外に「メタミドホス」「ジクロルボス」と、「350種類の農薬の一斉分析」を自主的におこない、これらの農薬が使用されていない事を証明しました。

紅豆杉の安全性についての分析結果表

    ※日本食品分析センター
  • 第104034000-001号
  • 第108021061-001号

急性経口毒性試験(LD50)結果

マウス40匹(雄雌各20匹)を、試験群(紅豆杉R摂取)と対照群(水道水摂取)にそれぞれ雄雌10匹ずつ分け、14日間観察しました。観察期間中に死亡や異常は認められず、観察終了後の剖検でも主要臓器に異常は見られなかったことから、食品として摂取しても安全であることが証明されました。

六基食品お問合せ窓口
受付時間10:00~17:00(土日・祝日を除く)

ページの先頭へ