白豆杉(はくとうすぎ)とは

世紀を超える、太古の生命力

身近に持てば厄除けになる匂いを嗅げば長生きをする、と伝えられたイチイを、かの聖徳太子は、笏(シャク)に用いたと言われています。日本では7世紀、隋の王室からの贈り物として、皇室に伝わったのが最初とされていますが、この樹木の歴史は、地球最古に遡ります。

世界最古の樹木

白豆杉は、新生代第4紀氷河期より厳しい大自然の風雪に耐えて生き抜いた、現存している56種の植物の1つで、地球最古で最も貴重な仙樹です。2億年前の中生代(恐竜繁栄期)より太古のままの姿で生き延びたため、最も「生命力が強い」すなわち「気が強い樹木」と言われています。

平均樹齢は3,000年

白豆杉は、世界で最も磁場の良い所として有名な秘境地、中国南方の雲南省などの限られた地域で自生しています。高山植物としては異例ともいえる、平均樹齢3,000年の、極めて生命力が強い植物です。

紀元前の昔より王室専用の仙樹

中国では、2,200年以上前の奏の始皇帝の時代から、歴代王朝の間で、大変貴重な王室専用の仙樹として大切にされ、愛用されてきました。万里の長城を作ったことでも有名な始皇帝は、中国統一という偉業を成し遂げたあと、不老不死を夢見るようになります。
始皇帝から命を受けた徐福をはじめとする臣下は、世界中を旅しながら、見つけ出したものの一つが白豆杉と言われ、仙人になれる仙樹とも呼ばれる由縁です。

門外不出から21世紀の仙樹へ

歴代の中国の王室だけでなく、日本の皇室でも長い間重宝された、王室・皇室ゆかりの仙樹ですが、現代に至るまで、世に出ることはありませんでした。理由は中国政府が、この貴重な白豆杉を保護する目的で、法律で貴樹種に指定し、伐採禁止、売買禁止としていたからです。そして近年ようやく、限定的な流通が認められるようになってきました。

新学説により白豆杉心材を商品化

2022年10月まで「白豆杉」は「雲南紅豆杉」の別名として、同じ植物として扱われてきましたが、近年の植物学研究で、これらは違う植物であるという学説が主流となりました。これを受けて、日本で唯一の輸入製造元である紅豆杉社が、はじめて白豆杉心材を主原料とした「白豆杉エキス粒」を商品化し、今回の発売となりました。

商品について

白豆杉エキス粒

粒タイプ1包(6粒)には、白豆杉5g相当のエキスが配合されています。
しっかり白豆杉を摂りたいとお考えの方、仕事が忙しくて時間がない方にもおすすめの、携帯に便利な粒タイプです。水や口に入れてから、約2〜3分で溶けます。

大箱(6粒×90包入) 87,480円(税込)

粒タイプ1包(6粒)には、白豆杉5g相当のエキスが配合されています。

小箱(6粒×30包入) 29,700円(税込)
※大箱=小箱×3個入

白豆杉心材エキス、セルロース、甘味料(キシリトール)、トレハロース、リン酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム

エネルギー: 5.31kcal、タンパク質 : 0g、脂質:0.015g、炭水化物 : 1.40g、食塩相当量 : 0.0003g

大学機関との共同研究も加速

大学機関との共同研究も加速されており、
安心・安全で確かな品質の製品へと結びついています。

厳しい品質管理で、安心・安全を実現

日本で製造、品質管理で厳しい安全基準を設定。
第三者機関でも、安全性を確認しています。

弊社は、お客様の安心・安全を第一に考えております。主原料である「白豆杉」は、中国雲南省など限られた地域に自生する天然樹です。農薬とは無縁ですが、念のために、約450項目にも及ぶ残留農薬の検査を自主的に行なっています。その結果有害物質は検出されず、安全であることを確認しました。さらに残留農薬のみならず、重金属、細菌数など、紅豆杉社研究室はもとより第三者機関でも検査を行ない、全ての項目で商品の安全性を確認しています。